ようこそゲスト様

公式オンラインショップに関する
お問合せ

2018 Harris Tweed Collection

雑誌や広告、ファッションショーのスタイリングなど、幅広いジャンルで20年以上にわたって第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。人気女優やモデルからの指名も絶えない。エッジィでモードな中に、女の子らしいガーリーさを忘れないスタイリングに定評がある。

甘めのピンクにラメが輝く
クリスマス仕様の“Violet D”

シグニチャーバッグ“Violet D”のハンドバッグにクリスマスシリーズが登場。「ロマンティックなピンクカラーにラメがちりばめられ、デザインポイントになったDの金具にはキラキラのストーン付き。ラブリーさをぎゅっと詰め込んだ、サマンサタバサらしいモテ系バッグですが、形はクラシックなハンドバッグなので大人にも似合うと思います。取り外しできる、ふわふわのファーチャームも可愛いですよね。ショルダーストラップの付いた2way仕様で、スタイリングに合わせてアレンジが効くのもいいですね。レディライクな装いにはハンドバッグで正統派に、メンズっぽい格好やデニムスタイルには斜めがけしてカジュアルに合わせるのが良さそう」

Bag_Violet D ハンドバッグ クリスマスシリーズ
ピンクベージュ ¥36,000+tax

「バッグのピンクカラーが甘いので、洋服はラブリーにならないように、少しモード感を意識するとおしゃれに仕上がります。’60年代のレディをイメージして、ヴィンテージっぽい花柄ワンピースにハンドバッグを合わせた、正統派のクラシカルなスタイル。バッグの優しい色味に合わせ、カーディガンや小物もニュアンスカラーでまとめると大人っぽい印象に。首元とバッグのチャームをトレンドのファーでさりげなくリンクさせました」
Bag_ Violet D ハンドバッグ クリスマスシリーズ ピンクベージュ ¥36,000+tax
Cardigan_Acne Studios
One-piece_Acne Studios
Fur_beautiful people
Tights_unknown
Boots_Charlotte Olympia
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

Bag_ Violet D チェーン付きクラッチバッグ NYver. ブラック ¥32,000+tax

NYモチーフのワッペンが
エッジィな印象をもたらして

NYをモチーフにしたワッペンを飾った、人気の“Violet D”チェーン付きクラッチバッグ。クリスマスバージョンの新作は、シティで過ごす大人の聖夜をイメージ。「ドレスアップしたカップルやカクテルなど、遊びのあるワッペンが目を引きました。黒ベースに赤やイエローが効いていて、可愛らしさの中にパンキッシュな強さも感じます。サマンサタバサのブランドにはガーリーで可愛らしいイメージがあったので、この“Violet D”みたいなエッジィなバッグは新鮮! 斜めがけして両手が空くポシェットタイプだから、夜遊びの時に活躍しそう。チェーンをしまえば、クラッチとして使えます。内側が2つに仕切られ、ミニ財布やポーチを収納しやすいのも嬉しいですね」

「季節柄、パーティーや夜遊びが増える時期ですが、個人的にはドレスを着るタイプではないので(笑)、レザーやファー、エナメルなど素材感でフォーマルに演出します。今年はフェイクファーが気分なので、アウターにはビッグシルエットのライダースをセレクト。モノトーンで統一したスタイルに、遊びのあるバッグを斜めがけでオン。チェーンのゴールドとワッペンの色味が効いて、ハードになりすぎず程よく女の子らしいイメージに」
Bag_ Violet D チェーン付きクラッチバッグ NYver. ブラック ¥32,000+tax
Fur coat_G.V.G.V.
Blouse_LE CIEL BLUE
Pants_jonnlynx
Sunglasses_BLANC.
Shoes_GIVENCHY
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

Bag_ボストンバッグ クリスマスシリーズ(大) レッド ¥37,000+tax

レトロ感のあるボストンは
軽くて使いやすさも抜群!

2007年にサマンサタバサで大ヒットしたボストンバッグが、クリスマスのスペシャルアイテムとして復刻。「人気バッグの復刻版ということで、ギャザー入りのふっくらしたフォルムと、アクセントになったベルト飾りがレトロな雰囲気ですね。深みのある赤のカラーリングもどことなくレトロで、大人にふさわしい品の良さがあります。そして、このバッグはレザーなのに驚くほど軽いのが魅力。私はいつも荷物が多いので、容量が大きいボストンタイプで軽いのはとても重宝しますね。ファスナーが大きく開き、荷物を出し入れしやすいところと、ハンドルが長めで肩掛けできるのも高ポイント。さりげないディテールにまでこだわったバッグ作りは、さすがサマンサタバサですね」

「私の定番スタイルであるトラッドに、今季流行しているアスレジャーをミックスしたコーディネート。上半身はジャケット&シャツでキレイめに、下半身はライン入りパンツ&スニーカーでスポーティーに。ちょっと離れた場所にある美術館への日帰りデートや、展示会や営業の仕事など、歩き回る日のおしゃれを想定しました。トレンドカラーの赤をポイントに、ネイビーで印象を引き締め。ボストンバッグはスカーフで大人っぽくアレンジを」
Bag_ボストンバッグ クリスマスシリーズ(大) レッド ¥37,000+tax
Jacket_ASTRAET
Blouse_ palmar harding
Pants_ CALVIN KLEIN 205W39NYC
Skirf_UNITED ARROWS
Sneakers_CONVERSE
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

Bag_Violet D クロコ型押しトート 小サイズ ネイビー ¥33,000+tax

ネイビーのクロコ型押しは
上品で高級感たっぷり!

「アイコンバッグ“Violet D”の型押しトートは、大人世代の私たちにもしっくり馴染むアイテム。クロコの型押しは高級感がある一方、威圧感も与えがちですが(笑)、このネイビーはとても品があって素敵。バッグの特徴でもあるDの金具を、従来のシリーズとは違い、わざとマットなゴールドにしているのも上品に見える秘訣ですね。私がバッグを選ぶポイントのひとつに開閉のしやすさがありますが、フラップにマグネットが入っていて片手でも開け閉めが簡単!小さすぎないサイズ感と、内側が仕切られて荷物が整理しやすいのも便利。
ショルダーストラップも付いているので、斜めがけしてクロコ型押しのイメージをカジュアルダウンするのもオススメです」

「花柄×ヒョウ柄のヒッピーっぽい雰囲気に、トラッドなベストをレイヤードしたのがこだわり。ボヘミアン調のワンピースにはムートンコートやGジャンを合わせがちですが、プレッピーなアイテムで外すくらいが、今っぽくて大人な表情に仕上がります。柄を掛け合わせていますが、小さめの柄を選び、茶系でトーンを揃えているので取り入れやすいと思います。品の良さが漂うネイビーの型押しバッグで、柄ミックスを落ち着かせて」
Bag_ Violet D クロコ型押しトート 小サイズ ネイビー ¥33,000+tax
Vest_INSCRIRE(BEAMS)
One-piece_FRAY I.D
Earmuff_ unknown
Shoes_ADIEU
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

Bag_お財布付きミニショルダーバッグ
クリスマスシリーズ ホワイト ¥19,000+tax

冬コーデに映える白バッグは
お財布付きなのも決め手に

「普段から、両手が自由になるリュックやポシェットを愛用しているので、斜めがけできるこのショルダーバッグはお気に入り。冬はコーディネートの色味が暗くなりがちなので、あえて白いバッグを斜めがけしてアクセントにしてもいいですね。急いでいる時も開閉がラクなフラップ式で、開けるとフロントポケットにお財布が入っているという嬉しいサプライズ! しかも、お財布の作りがかなりしっかりしていて、ファスナー付きで内ポケットも充実。センスのいい花柄で、単品でも十分使えそう。お財布がセットと考えると、コストパフォーマンスの高いバッグだと思います。マチが広くて、コンパクトな見た目以上に容量がたっぷりなので使いやすそう!」

「今季らしいスポーティーなブルゾンやキャップを取り入れたホリデースタイル。ビビッドなブルーに映えるファスナーやラインと色をリンクさせて、クリーンな白のバッグをチョイス。クロスボディで合わせると、コーディネートに可愛らしさが生まれます。インナーに合わせたワンピースも、柄だけ見るとカジュアルですが、ボディコンシャスなシルエットや裾のスリットで程よくセクシー。女性らしさの仕上げに、足元にはピンヒールを」
Bag_お財布付きミニショルダーバッグ クリスマスシリーズ ホワイト ¥19,000+tax
Blouson_WALK OF SHAME
One-piece_WALK OF SHAME
Cap_Ron Haman
Shoes_ Charlotte Olympia
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

Bag_Violet D チェーン付きクラッチバッグ
クリスマスシリーズ レッド ¥29,000+tax

キラキラのラメをちりばめた
華やかな赤はハレの日に最適

人気シリーズ“Violet D”のチェーン付きクラッチバッグのクリスマスバージョン。「赤でも発色のいい明るめの色味なので、結婚式などオケージョンにも使えそう。全面にキラキラのラメが品良くちりばめられ、Dの金具には煌めくストーンを装飾。クリスマスのデートにもぴったりな華やかさですね。取り外しのできるファーチャームがセットなのも女心をくすぐるポイント。私自身、チャームが大好きでたくさん使っていますが、シンプルなアイテムに大人の遊び心をプラスしてくれるのがいいですよね。チェーンをフラップの裏に通して、ショルダーの長さを短くできたり、中が仕切りで分かれて荷物の収納がしやすかったり、アレンジ力や使いやすさも魅力ですね」

「ケーブル編みニット、コーデュロイスカート、ニット帽という、ほっこり系の定番アイテムを使いながら、昔っぽくならないように柄や色を差しました。ニットのハイテク柄の一色を拾ってバッグの色を選べば、ビビッドな赤も浮かず、コーディネートのポイントになります。バッグのラメ感やゴールド使いが、リラックス感のあるスタイルをクラスアップ。足元もプラットフォームのローファーでモードにしました。冬の旅行スタイルに」
Bag_ Violet D チェーン付きクラッチバッグ クリスマスシリーズ レッド ¥29,000+tax
Knit_ ASHLEY WILIIAM
Turtle knit_unknown
Skirt_ ASTRAET
Knit cap_BIEL・LO
Shoes_ GIVENCHY
※コーディネートは全て宮澤さんの私物になります。

クリスマスや忘年会、そして新たに迎える2018年。
イベントの多い年末年始は、おしゃれ心も一段と盛り上がる季節。
ホリデーシーズンのファッションの楽しみ方について、トップスタイリスト宮澤敬子さんにインタビュー。

——サマンサタバサでもクリスマスに向けたスペシャルアイテムを多数展開していますが、宮澤さんはどのバッグが気になりましたか?
宮澤サマンサタバサのアイコンバッグ“Violet D”のクリスマスバージョンは全面にキラキララメがコーディングされていて、とても華やかでパーティシーズンにぴったりだと思いました。赤のバッグも気になりましたね。赤はハレの日のイメージ。クラッチにもなる“Violet D”のチェーンバッグは結婚式にも合いそうですし、ボストンバッグなら遠出のデートに良さそう。赤はスタイリングにもよく使いますね。ベーシックカラーのスタイルの差し色になり、女性らしさを出せるのがいいですよね。個人的には、クロコ型押しのネイビーのバッグが好みでした。サマンサタバサは自分には少し若いブランドかと思っていましたが、このバッグは大人っぽくて上品。今回はワンピースと合わせたお出かけスタイルを提案させていただきましたが、カジュアルな格好に合わせて普段使いするのも良さそう!
——ありがとうございます。宮澤さん自身は、どんなホリデースタイルを楽しみたいとお考えですか?
宮澤 パーティやイベントの増える時期ですが、私はいわゆるドレスを着るタイプではないので(笑)、フェイクファーやレザーなど素材で遊びを取り入れたモードなパーティスタイルを楽しみたいですね。とはいえ、自分の中でガーリー好きは一生変わらないので、どこかに甘さはプラスしたい。そんな時に、バッグやアクセサリーなどの小物に頼りますね。小物はスタイリングのバランスを取るのに欠かせない存在です。
——では、サマンサタバサのバッグはどのようなスタイルに合わせたいですか?
宮澤サマンサタバサのバッグは、色味やディテールが可愛らしく、バッグ自体に甘さがあるので、まんまラブリーに持つより、きちんと感のあるトラッドスタイルやカジュアルなアスレジャーコーディネートの外しにしたいですね。年齢的にも大人なので、遊びのあるホリデースタイルにもどこか品は意識していたい。サマンサタバサのバッグはそれを叶えてくれますよね。
——宮澤さんといえば、色を使ったおしゃれなスタイリングに定評がありますが、たくさん色を使っても大人っぽく見せるコツはありますか?
宮澤多色使いでもトーンを合わせればまとまると思います。例えば、ピンクの“Violet D”のハンドバッグを合わせたコーディネートは、ブルーやボルドーなど何色も使っていますが、優しいニュアンスカラーでまとめているので統一感が生まれます。コーディネートに使った洋服のアイテムから同じ色を拾ってバッグの色を選ぶと、テイストが違っても馴染みますよ。
——カラーミックスのコーディネートでもバッグの存在が重要なんですね。
宮澤そうですね。私はトラッド、ガーリー、スポーティなど、いろんなテイストの洋服を着ますが、同じように小物もいろんなテイストを集めています。コーディネートは毎日変えたいけれど、毎日変えるほど洋服は買えないですよね。でも、同じスタイリングでも小物を変えるだけで印象は全然変わります。テンガロンハットとコンチョベルトを合わせればウエスタン調になりますし、バンドバッグとファーを合わせればレディライクになれる。小物のアレンジでコーディネートは無限に変えられます。小物の中でもバッグは存在感もあり、目線を惹きつけるもの。だからこそ、バッグを新しくすれば印象もリフレッシュできます。この季節ならではの華やかなバッグをひとつプラスして、ホリデースタイルを楽しみたいですね。