ようこそゲスト様

公式オンラインショップに関する
お問合せ

0120-979-300

モードからリアルクローズまで、トレンドを押さえたスタイリング提案に定評がある。
ファッション誌だけでなく、広告やアーティスト、ショーなどを手掛ける。
特殊なリクエストの中に独自のセンスをちりばめてインパクトある世界観を創ることで、
幅広い分野から信頼を寄せられている。
インスタグラムのアカウント @stylist_kumisaito

ショルダー付きの2way仕様で
幅広いテイストに合わせやすい

“Knock on wood(幸運のおまじない)”をテーマにしたサマンサマインの新作は、太めのショルダーがセットになった2way仕様。「バッグ自体はクラシカルながら、ショルダーを付けることでカジュアルな印象にもなり、いろんなテイストに合わせやすいと思います。ショルダーは幅の太さやスカラップカット、パッチワークで施したバイカラーのストライプなど細かい部分にまでこだわりを感じます。カラーも魅力で、深みのある大人っぽい赤は、着こなしにプラスするだけで一気にトレンド感がアップ。見た目以上に収納力が高く、型くずれしにくいかっちりとしたフォルムなので、紺ブレといったトラッドなスタイルにも合わせたいですね」

Bag_サマンサマイン ノックオンウッズver. ¥28,000+tax

「一枚で旬のヴィンテージムードを出せる小花柄のドレスに、風合い
のあるニットカーディガンをオン。ロング×ロングのシルエットが
まったり見えないように、バッグをショルダー持ちにして色を効か
せたのがポイントです。シックなコーディネートに赤が映え、ヴィン
テージテイストの着こなしもイマドキな雰囲気に仕上がります。足元
にはゴールドラメのシューズを合わせ、重たく見えがちな冬素材の
スタイルにメリハリをつけました」
Bag_サマンサマイン ノックオンウッズver. ¥28,000+tax
Cardigan_KIIRA
One-piece_Isabel Marant Étoile
Shoes_Repetto
※コーディネートは全て斉藤さんの私物になります。

Bag_ ファー付きかごバッグ ¥32,000+tax

ころんとした小ぶりのかごと
ファーの組み合わせが絶妙!

「かごはオールシーズン活躍してくれるアイテムですが、私はニットなど冬スタイルに持つことが多いですね。リゾートっぽいものより、このバッグのようにフレンチテイストのラタン素材が好み。ころんとした丸みのあるフォルムとふわふわのファーのコンビネーションが可愛いですよね。リボンで取り付けるファーのフラップを外すと、また違ったシンプルな表情に。
ワンハンドルの部分が黒のレザーなので、ナチュラルになりすぎず大人っぽいイメージで合わせることができます。持った感じがとにかく軽く、使い勝手もいいので登場頻度も高そう!」
内側にはファーの色とリンクさせたスエードタッチの生地が
施され、上品に仕上げられています。

「ボーダー×パンツの足元にローファーを合わせるような、
フレンチトラッドな着こなしがずっと変わらず好きですね。パンツの赤はトレンドカラーというのもありますが、ウールやレザー
といった冬素材に発色する赤は色味が落ち着いていて素敵なので、毎年秋冬になると着たくなります。首元のスカーフやベルトマークでかっちり仕上げたコーディネートをかごバッグで程よく外し、ファーのアクセントで大人の可愛らしさものぞかせました」
Bag_ ファー付きかごバッグ ¥32,000+tax
Border_SAINT JAMES
Pants_ Isabel Marant Étoile
Skirf_HERMÉS
Belt_AMBOISE(UNITED ARROWS)
Loafers_GUCCI
※コーディネートは全て斉藤さんの私物になります。

Bag_ Flowerショルダーバッグ(大) ¥22,000+tax

ヴィンテージっぽい花柄が
キャッチーでこなれた印象

「シンプルになりがちなスタイリングをキャッチーにしてくれる花柄バッグ。ネイビーをベースにしたヴィンテージライクなプリントは、甘くなりすぎず大人っぽく見えるのがいいですね。デザインポイントになったゴールドの縁飾りやベルトモチーフが高級感をもたらし、古臭くならず洗練された印象に仕上がります。
コンパクトなサイズ感なので、普段あまり柄を着ない人でも取り入れやすいはず。ワンハンドルのほかに、肩掛けできる太めのショルダーと、クロスボディにもできるロングショルダーがセットになっていて、着こなしに合わせて持ち方をアレンジできるのも嬉しいですね」裏地に肌触りのいいスエードタッチな生地を使い、鏡まで付いているという機能性の高さ。

「花柄バッグはフェミニンに持つのもいいですが、ストリートやカジュアルな格好に合わせるほうがこなれて見えます。今季らしいビッグシルエットのジャケットを主役に、クロスボディのバッグで遊び心をプラス。
もともとメンズっぽいアイテムやテイストが好きでトムボーイっぽいスタイルをよくしますが、小物で女っぽさをミックスするのが鍵。キレイめのパンプスは花柄にも使われたパープルカラーでバッグとの統一感を意識しました」
Bag_ Flowerショルダーバッグ(大) ¥22,000+tax
Jacket_JANTIQUES
T-shirt_HOOKED VINTAGE
Denim_Levi’s Vintage 701
Cap_BAYSIDE
Shoes_NINA RICCI
※コーディネートは全て斉藤さんの私物になります。

Bag_ 新型ルイーザ(大) ブラック ¥48,000+tax

機能性抜群でアレンジも効く。
オンもオフも重宝するバッグ

「サイズもカラーもバリエーション豊富に展開されている新型ルイーザのシリーズから、大サイズのブラックをピックアップ。
きちんと感を備えた黒のレザーバッグはお仕事にぴったり!
A4サイズがすっぽり入るビッグサイズで、機能性がとにかく充実。
内側はファスナー付きポケットで2つに仕切られ荷物の整理がしやすく、幅広のマチで収納力も抜群。ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リュックと3通りの持ち方ができ、シンプルなデザインなのでチャームやスカーフでアレンジも自在。金具やブランドネームには効果的にゴールドが使われ、エレガントな雰囲気を漂わせています。大人にふさわしい上質感もあるので、定番バッグ
として長く愛用できると思います」

「スーツなど通勤スタイルに馴染む黒のレザーバッグを休日仕様にアレンジしてみました。スタイリングのポイントは、バッグの持つ硬派なイメージを程よく崩すラフさ。キャメルの同系色でまとめたシャツワンピースとキャミは襟元を抜いて抜け感を作り、色味のあるスカートを合わせて軽やかな印象に。バッグは持ち手にスカーフをひと巻きすることで動きが加わり、柔らかな雰囲気になります。足元もスニーカーでカジュアルダウンを」
Bag_ 新型ルイーザ(大) ブラック ¥48,000+tax
Jacket_H BEAUTY & YOUTH(斉藤さん私物)
Camisole_6 BEAUTY&YOUTH(斉藤さん私物)
Skirt_ Isabel Marant Étoile(斉藤さん私物)
Skirf_REDYAZEL
Sneaker_Converse(斉藤さん私物)

Bag_ ルイーザ ハリスツイードver.
レッドパープル(小) ¥36,000+tax

旬のチェック柄にも差がつく
最高級のツイード生地を使用

人気のバッグ型がハリスツイードバージョンで登場する、昨年から好評のハリスツイードコレクション。スコットランド北部のハリス地方で100年以上受け継がれる伝統の手織りによって生み出されるツイード生地は、高品質でスペシャル感もたっぷり。
「最高級のツイードと呼ばれるハリスツイードは、独特の素朴な風合いが持ち味で個人的にも大好き。サマンサタバサのオリジナルというピンク×パープルの配色も可愛いですね。今季はチェック柄がトレンドですが、このルイーザならおしゃれで高級感もあり、人と差がつくと思います。サイドにあしらわれたフリンジもポイントになっていますね。ハンドルや底にはダークブラウンのレザーが使われ、クラシックな装いにもマッチしそう」

「発色の美しいチェック柄やハリスツイードならではの暖かみなど、バッグの魅力を引き立てて、コーディネートはシンプルに。ニットはアイテムとして大好きで、こんな厚みのあるローゲージニットをアウター感覚で取り入れることも多いですね。袖口や裾からインナーのロングシャツをのぞかせると、軽やかさとリズムが生まれ、あか抜けた着こなしに。ボトムにはヴィンテージ感のあるデニムを合わせ、リラックスしたなかにも上質さを演出」
Bag_ルイーザ ハリスツイードver. レッドパープル ¥36,000+tax
Knit_CELINE
Long Shirt_Vintage
Denim_FUMIKA UCHIDA
Shoes_Dries Van Noten
※コーディネートは全て斉藤さんの私物になります。

Bag_フラップショルダーバッグ ¥43,000+tax

くたっとしたレザーの質感と
キャメルカラーがおしゃれ

「サマンサタバサには、フォルムのかっちりしたコンサバな
バッグのイメージがあったので、クロードのようなバッグは新しく感じますね。使い込むほどに味わいが増す柔らかくしなやかな
レザーは、さすがイタリア製。そして驚くほど軽い!くたっとした風合いがあるので、クラッチのように小脇に抱えてラフに持ちたいですね。色味もこなれた雰囲気を出せるキャメルカラーで、
ベーシックからカジュアルまでどんな着こなしにも相性が良さそう。フラップに飾られたベルトやゴールドのリングモチーフが
上品で女性らしい印象をもたらすポイントに。内側はヴィンテージのような赤のリス柄プリントで茶目っ気たっぷり。開けるたびに思わず笑顔が溢れそう」

「キャメルのバッグをクラッチのように小脇に抱えて、紺ブレ×センタープレスパンツのトラッドなイメージをカジュアルダウン。かっちりとしたスタイルにはニュアンスのあるバッグを、抜け感のあるスタイルにはかっちりとしたバッグを合わせてバランスを取ると、おしゃれな印象に仕上がります。ネイビー、グレー、カーキなど定番色のみを掛け合わせたベーシックなコーディネートも、小物使いでぐっとあか抜けて見えます」
Bag_フラップショルダーバッグ ¥43,000+tax
Jacket_Scye
T-shirt_Vintage(H)
Pants_CELINE
Hat_FUMIKA UCHIDA
Sunglasses_OLIVER PEOPLES
Shoes_ J & M DAVIDSON

今回のテーマ「レトロヴィンテージ」を、
大人の着こなしに素敵に取り入れるアイデアを斉藤くみさんに解説してもらいます。

——サマンサタバサでも今季のトレンドである「レトロヴィンテージ」をテーマにした
コレクションを展開していますが、気になったバッグはありますか?
斉藤シグニチャーバッグ“Violet D”シリーズを刺繍入りのベロアバージョンにしたり、ヴィンテージライクな花柄やプリント生地を
オリジナルで作っていたり、ピックアップしたバッグはどれも可愛いと思いましたが、特に、こっくりカラーのグリーンやボルドーの
ベロアに刺繍の入った“Violet D”のハンドバッグが気になりました。まさにレトロヴィンテージなムードで、これひとつで今季らしい
着こなしが完成しそう。Web限定カラーというブラックも大人っぽくて素敵ですね。
——ありがとうございます。斉藤さんはヴィンテージを私服にどのように取り入れていますか?
斉藤 ヴィンテージは個性としてスタイリングのスペシャルな一品にするか、今のものに溶け込ませるようにしています。
私もヴィンテージ好きで、年代物のハイブランドなどは持っていますが、実際に選んだものが体型に合わなかったりする場合は、今着たいシルエットやサイズ感に直したりします。本物のヴィンテージというより、
ディテールやエッセンスが落とし込まれたヴィンテージライクなアイテムを買うことのほうが多いですね。
今季はトレンドとしても注目されているので、バッグにヴィンテージ感を取り入れるなら、合わせる洋服は逆にオーセンティックな
ジャケットやニット、ボーダーにするとフレッシュな印象になると思います。
——確かに、全身ヴィンテージライクではなく、紺ブレやニットなど普遍的なスタイルに
バッグを合わせていただきましたね。
斉藤自分の中の永遠の定番であるトラッドやフレンチシックなスタイルにヴィンテージライクなバッグを合わせるのが新しいかな、
と思いました。全部がヴィンテージライクだとトゥーマッチな上に、さっき言ったように古く見えてしまう場合もあります。
ヴィンテージに限らず、例えばコンサバな格好でも全てがコンサバだと可愛く見えないですよね。異なるテイストをミックスしたり、
どこかワンポイントを外すと、おしゃれ感がぐっとアップします。そのさじ加減がコーディネートの楽しみですね。
——なるほど。そのさじ加減が難しくも思えるのですが…。
斉藤大人になるにつれ、ワードローブはある程度決まってくると思うので、小物で旬を取り入れて印象をアップデートすると
思います。そういう意味でサマンサタバサのバッグはちょうどいい。トレンドを取り入れながら、大人が持つのにふさわしい上質感も
あります。女性誌の傾向を見ても、最近はワーキングスタイルも少しカジュアルにシフトしているので、色や素材に程よく遊びを
取り入れたサマンサタバサのバッグはぴったりですよね。
——サマンサタバサは上質感や女性らしさを大切にしつつ、時代の流れに合わせたバッグを提案していて、
今季の「レトロヴィンテージ」コレクションはブランドにとって新しい試みのひとつでした。
斉藤サマンサタバサというと、フェミニンでかっちりしたフォルムの通勤バッグのイメージでしたが、新作コレクションは、
レザーでも柔らかなイタリアンレザーが使われていたり、ベロアやスエットといったカジュアルな素材だったり、バリエーションが
増えたように感じました。キャッチーな見た目に加え、ショルダーがチェンジできたり、リュックになったり、2way、3wayのデザインが
多いので、コーディネートに合わせて変えられるのがいいですよね。ファッションはどんなアイテムを選ぶかも大事ですが、
その着こなし方も大切。着こなしひとつで劇的に印象が変わるので。
——着こなし方を変えるとは、具体的にどんなことでしょうか?
斉藤例えば、ボーダーやシャツといったベーシックなアイテムでも、袖をまくるとか襟元を抜くとかちょっとした抜け感を作る
だけでもこなれた雰囲気になります。バッグだったら、クロスボディにすればカジュアルに見えるし、スカーフを巻いてアレンジする
だけでも印象が変わる。そういうちょっとした着こなしで素敵に見える工夫をしてほしいですね。