ようこそゲスト様

公式オンラインショップに関する
お問合せ

0120-979-300

5point

スタイリスト白幡啓氏に師事した後、独立。最新のトレンドからヴィンテージや古着まで
精通。ファッションだけでなく、インテリアやライフスタイルなど自身のおしゃれな
暮らしぶりにも注目が集まる人気スタイリスト。
インスタグラムのアカウント@nimu_1021

定番人気のレディアゼルの
新作はトレンド感満点!

「チェック柄は今季外せないビッグトレンド。レディアゼルの新作は、サマンサタバサらしい上品なハンドバッグ形と英国の高級生地ハリスツイードがマッチしていてお気に入りです。柄のバッグは敬遠する人もいるかも
しれませんが、落ち着いたトーンで柄のコントラストも強くないので、合わせる服を選ばずとても使いやすいと思います。サイズ感もちょうど良く、お仕事にもデートにも活躍してくれそう。デザインポイントになったゴールドの錠が着こなしに高級感をプラスしてくれます」
ボディのツイードと底のレザーの切り替えにフリンジを施したのもこだわり。大きく開閉するファスナーで使い勝手も抜群です。

Bag_レディアゼル ハリスツイード ¥30,000+tax

「この秋はビッグシルエットがさらに進化した、身幅や袖幅の広いデザインが人気。毛足の長いオーバーサイズのニットとボリューム感のあるスカートを
合わせる、こんな着こなしが気分です。チェック柄のバッグは落ち着いた色調なのでストライプ柄のスカートとも馴染み、トレンド感をアップ。
足元はあえてボーイッシュなレースアップシューズと赤のソックスで、
ブリティッシュロックな雰囲気に仕上げました」
Bag_レディアゼル ハリスツイード ¥30,000+tax
Knit_3.1 Phillip Lim
Skirt_TOME
Sunglasses_United Bamboo
Socks_JOURNAL STANDARD
Shoes_Saint Laurent
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

Bag_VioletDチェーン付きクラッチバッグ NYver. ¥32,000+tax

「シグネチャーバッグの“Violet D”は、ワッペンを付けたり、
Dの金具にピンやリボンをアレンジして自分なりにカスタマイズできるのが魅力。新しく登場するNYバージョンは、ネーミングの通り、
ビッグアップルやイエローキャブなどニューヨークを象徴する
ワッペンを飾ったポップなデザインが可愛いですね。キャッチーな見た目もですが、小さめながら2つ仕切りで荷物の収納がしやすいのも高ポイント。携帯とお財布を入れて、打ち合わせや旅先のお出かけにはこれひとつで十分!」
Dの金具からのぞくスマイルマークにキュン♡ショルダーは
肩掛け部分をレザーにして持ちやすさにも配慮しています。

「ニューヨークをモチーフにしたバッグ“Violet D”からインスパイアされた、都会的できれいめなストリートスタイル。注目アウターのコーチ
ジャケットは旦那のメンズものを拝借。スポーティな雰囲気に
合わせて、ボーダーとジャージっぽいグリーンのパンツを組み合わせ、小物で女らしさをミックス。バッグのゴールドの金具やチェーンに
クラス感があるから、カジュアルになりすぎず大人っぽい印象に」
Bag_VioletDチェーン付きクラッチバッグ NYver. ¥32,000+tax
Jacket_MYE-DO(メンズ)
Border T_PETIT BATEAU
Pants_Mila Owen
Pierced Earrings_SUPER A MARKET
Shoes_Maison Margiela
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

Bag_ 新型ルイーザ(大) レッド ¥48,000+tax

Shoulder Belt_ ¥13,000+tax

「ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リュックの3Wayでマルチに使える優秀バッグ。書類やパソコンを入れられるビッグサイズはお仕事用に
ぴったり! ビビッドなレッドは今季の流行色。服の色がシックに
なりがちな秋冬こそ、バッグで色を取り入れたいですね。
持ち手やショルダーが付け替えられ、
別売りのカラーや柄も豊富にラインナップ。マンネリにならず、
オリジナリティを楽しめるところもいいですね」

Bag_トライアングルショルダー NYver. ¥20,000+tax

「存在自体が可愛いピラミッド形のミニポシェット。サマンサタバサの原点であるNYを表現した、ワッペン付きのデザインが視線を独占
しそう! イベントやパーティなど夜遊びのシーンはもちろん、
オフィスへは大きいバッグと2個持ちしてランチやちょっとした外出に使うのにもうってつけ。ゴールド×黒のチェーンがラグジュアリー
なので、ポップだけど子供っぽいイメージには
ならないのが嬉しいですね」

「秋冬もブームが続きそうなドット柄。夏はデニムやスラックスと
合わせていたクールな着こなしを、レディライクにシフトさせたいですね。大きさの異なるドット柄をセットアップのように着て、足元も
ソックスとストラップシューズで品良く。洋服に色味がないぶん、
バッグに赤を効かせました。ミニポシェットをチャームのように付けて2個持ち。これからはバッグのレイヤードでおしゃれに差をつけて」
Bag_ 新型ルイーザ(大) レッド ¥48,000+tax、
Bag_トライアングルショルダー NYver. ¥20,000+tax
Shirt_RES PREÉS
Skirt_Styling/
Belt_J&M DAVIDSON
Socks_Kutsushitaya
Sandals_MIU MIU
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

Bag_サイドリボントート ブラック ¥32,000+tax

「ベーシックな黒、シンプルで飽きのこないトート形、そして本革なのに驚くほど軽い! 仕切りがなく書類や荷物をバサッと入れられるので、ワーキングシーンに最適ですね。黒のバッグは一見地味になりがちですが、このコルベットはハンドルがブラウンなので柔らかさがあり、クラシックで上品な雰囲気。さりげなく施された
ゴールドのロゴや金具飾り、流れるようなサイドリボンのおかげでフェミニンな印象に仕上がります」表面感のあるレザーを使い、
ボディは黒の単色ながら表情豊か。マチにはスナップボタンが付いていて、容量に合わせて調整できます。床に直置きしても汚れないように底にはビョウ付き。

「定番のデニムに秋を意識したカラートップスを投入。こっくりとしたマスタードイエローと、袖にボリュームのあるビッグシルエットが今季らしさを演出してくれます。足元のスニーカーに対してバッグはコンサバなデザインに。カジュアルな格好にはバッグできちんと感をプラスするようにしたいですね。バッグとベルトの色は黒でリンクさせ、印象を引き締め。ウエストマークもこの秋注目のトレンドです」
Bag_サイドリボントート ブラック ¥32,000+tax
Shirt_VIVETTA
Denim_Levi’s 505(Vintage)
Glasses_Linda Farrow
Belt_Vintage
Sneakers_CONVERSE
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

Bag_ 新型ルイーザ(小) レッドパープル ¥42,000+tax

「パープルの美しい色味に惹かれたバッグは、新しいCMでも話題になっている新型ルイーザ。シックな秋コーデに映えて、女度も
ぐっと高めてくれそう。個人的にはカーキやダークブラウンといったオーガニックカラーに合わせたいですね。そしてこのバッグは
ハンドバッグ、ショルダー、リュックの3通りで使えるのが魅力。
内側が3つに分かれていて仕分けがしやすく、マチが広く収納力も高め。荷物をたくさん入れても型崩れしにくいレザーで、大人に
ふさわしい上質なイメージ。
オンにもオフにも重宝すること間違いなしですね」
持ち手とショルダーは別売りのものと付け替えられ、
自由にアレンジできます。

「秋になると着たくなるミリタリージャケット。フェミニンムードが
高まる今シーズンはシルクワンピースを合わせ、小物使いで女らしさを出してみました。カーキ×ベージュの有機的な配色に、パープルの
バッグでさし色をプラス。新型ルイーザはショルダーでカジュアルに
持つくらいが、リラックス感のあるシルエットには好バランス。
足元にはイチゴの刺繍のフラットシューズを合わせ、
大人の遊び心をのぞかせました」
Bag_新型ルイーザ(小) レッドパープル ¥42,000+tax
Jacket_N°21
One-piece_Forte-Forte
Beret_FUMIKA UCHIDA
Shoes_Beams
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

Bag_シンプルリュック(小) ホワイト ¥20,000+tax

「大人の着こなしに程よい抜け感をもたらしてくれるリュック。
ラフになりすぎない上質な素材感と小ぶりのサイズがとても
いいですね。夏のクリーンな白に替わって、秋冬コーデに似合う白は
こんなニュアンスのあるアイボリー。パイピングやファスナーを黒ではなくダークブラウンにして、ボディとのコントラストを和らげて
クラシックに見せたり、フロントポケットにかぶせをつけてファスナーを隠していたり、ちょっとしたディテールにまでこだわりを感じます」ファスナーは大きく開くだけでなく、開閉しやすいように斜めに
デザイン。エレガントなルックスと機能性の高さを両立させています。

「デニムは素材としても大好きで、パンツはもちろん、コート、Gジャン、ビスチェ、スカート、ワンピースなど色んなタイプを愛用しています。シーズンレスなアイテムだけに小物合わせが季節感を出す鍵に。
トレンドとして外せないチェック柄のストールとまろやかなホワイト
カラーのリュックで温かみを感じさせ、秋のムードを先取り。
ボディコンシャスなワンピに合わせて、足元に女らしいヒールを
セレクト」
Bag_シンプルリュック(小) ホワイト ¥20,000+tax
Denim One-Piece_ACNE
Skirf_matta
Sandals_Saint Laurent
※コーディネートは全てNIMUさんの私物になります。

まだまだ暑さが続くこの時季、ファッションの世界は早くも新しい季節の幕開け。
おしゃれ好きなら絶対押さえておきたいネクストトレンドを
スタイリストNIMUさんがピックアップ。
秋スタイルに合わせたいバッグについても聞きました。

——最先端モードからヴィンテージまで幅広いジャンルに精通しているNIMUさん。
秋冬コレクションや展示会をチェックして、コレは流行る!というトレンドは何でしょう?
NIMUビッグトレンドはやはりチェック柄。英国トラッドブームの今シーズン、多くのブランドから千鳥格子やグレンチェックを中心に様々なチェック柄が登場しています。まんま着ると古臭くなってしまうので、ロゴTなど少しカジュアルなアイテムやヴィンテージっぽいものを合わせたり、花柄ワンピやシルクシフォンのスカートでレディライクにしたり、テイストをミックスして着こなしたいですね。
——チェック柄のレディアゼルの新作もフェミニンな装いに合わせていましたよね。
アイテムとして注目しているものはありますか?
NIMUジャケットやスーツですね。ここ最近、服自体はベーシックだけど襟を抜いたり、肩を落としたり、着方で変化させるというのがトレンドでしたが、この秋冬は肩やウエストできちんと服を着るスタイルが主流になりそう。もともとジャケット好きなのでパワーショルダーからコンパクトなものまでいろんなタイプが欲しいと思っています。メンズっぽいものを女性らしく落とし込むコーディネートが流行る予感で、とてもワクワクしています。
——そういうかっちりとしたアイテムにはサマンサタバサのバッグが似合いそうですね。
NIMUサマンサタバサのバッグは作り自体がしっかりしていてきちんと感があるから、今季のようなトラッドな着こなしにはもちろん、オンオフ問わずどんなシーンにも合いますよね。3Wayでリュックになったり、ショルダーバッグになったり、多機能なバッグが多いので、コンサバからカジュアルまで全方位網羅してくれるところも素晴らしい!
——新作コレクションで気になったバッグはありますか?
NIMUニューヨークをテーマにしたワッペンがたくさん付いた“Violet D”やきれい色のバッグですね。今のファッションの傾向は「トゥーマッチ(やりすぎ)」。服もバッグも主張の強いアイテムでこってり仕上げるとモード感が出ます。バッグもアクセサリーと同じようにコーディネートの重要なポイントになるので、カスタマイズしてオリジナリティを出せるバッグやビビッドなカラー・柄はおすすめですね。バッグだけがシンプルだったり去年のものを合わせていると、洋服がアップデートされていてもどこか古く見えてしまうんですよね。
——バッグもアップデートが必要ということですね。とはいえ、服もバッグも全てがトゥーマッチな
ファッションはなかなか難しそうですね。
NIMU全てがトゥーマッチなのは日常になかなか取り入れづらいと思うので、なおさらバッグに頼っていいと思います。服がシンプルでも今年らしさを感じさせられる、派手なバッグを買いましょう(笑)。
——ビビッドカラーもおすすめということでしたが、具体的にはどんな色でしょう?
NIMUパープルやグリーンが気になりました。秋冬は服の色がどうしても暗くなりがちなので、バッグにはきれい色を選びたいですね。昨年あたりから冬にパステルカラーが流行り、春夏にはカーキやテラコッタ色がブームになるなど、季節に合わせる色が真逆になっているのが特徴。色を着るとやっぱり気分も上がるし、どんどん取り入れたいですね。
——カラーアイテムを上手に取り入れるコツはありますか?
NIMUパステルカラーやきれい色を着る時に、黒やネイビーを合わせるとコントラストがつきすぎて色が浮いてしまうので、ベースカラーをグレーやこげ茶にするといいですよ。優しいトーンで全身をコーディネートすると、どんどん色や柄に挑戦しやすくなります。
個人的にも今季はグレーに注目していて、グレーのグラデーションコーデにパープルのバッグを合わせたいですね。
色のバッグはなかなか出番がないと思われがちですが、サマンサタバサのバッグは持ち方を変えられるし、持ち手やストラップも変えられるので、思っている以上に使い回しできるんです。
——付属の持ち手やストラップは、幅も細めから太めまで、ファーや柄などあらゆるタイプを、
個性や好みに合わせて選べるように展開しています。
NIMUベースとなるバッグを1個買って、持ち手やストラップを替えたり、チャームやワッペンでカスタマイズすればいい。そういうアレンジの楽しさがサマンサタバサらしい! 服のことも色々語りましたが、迷ったらトレンドのものがあるサマンサタバサのバッグに頼るのが一番ですね(笑)。